toggle
2016-09-18

ワークショップ第2弾 ソウルタッチ塗り絵 10月29日(土曜)18時〜

Tweet about this on TwitterShare on Facebook

<SoulTouch塗り絵について>

ソウルタッチ塗り絵の絵は、「魂が表現する絵」タッチドローイングの創始者デボラ・コフチェイピン (Deborah Koff-Chapin) がタッチドローイングで描いたものです。タッチドローイングは1974年に見出された手法で、画板にのばした絵の具の上に紙を置き、意識を内側に向けて、今この瞬間に感じることを直接手指を動かして表現します。
ソウルタッチ塗り絵は、タッチドローイングに特有の流れるような線で描かれています。「絵」というベースがあるため取りかかりやすく、しかも、絵の中に描き加えることができるスペースがあるため、自分の感覚を自分のペースで枠を超えてクリエイティブに表現することができます。
直感的に色を選んで塗るという作業自体はシンプルですが、塗る過程において自分の内側と繋がる深い体験とともに意識の変容が促され、ごく自然に感覚や感性、創造力が刺激され高められていきます。

タッチドローイングの創始者デ<SoulTouch塗り絵について>

ソウルタッチ塗り絵の絵は、「魂が表現する絵」タッチドローイングの創始者デボラ・コフチェイピン (Deborah Koff-Chapin) がタッチドローイングで描いたものです。タッチドローイングは1974年に見出された手法で、画板にのばした絵の具の上に紙を置き、意識を内側に向けて、今この瞬間に感じることを直接手指を動かして表現します。
ソウルタッチ塗り絵は、タッチドローイングに特有の流れるような線で描かれています。「絵」というベースがあるため取りかかりやすく、しかも、絵の中に描き加えることができるスペースがあるため、自分の感覚を自分のペースで枠を超えてクリエイティブに表現することができます。
直感的に色を選んで塗るという作業自体はシンプルですが、塗る過程において自分の内側と繋がる深い体験とともに意識の変容が促され、ごく自然に感覚や感性、創造力が刺激され高められていきます。

あなたが色塗るだけなのに自分の内側と繋がる深い体験ができるのは、魂が語りかけるタッチドローイングの絵だからこそ。
感じるままに色を塗って、絵に自分が好きなように描き加えることもできる自由度の高い塗り絵です。心地よく深い場で、安心して内側からの感覚を受け取り、味わいながら塗っていくことができます。
ソウルカードを使った軽い瞑想とシェアの後で、塗り絵の時間に入ります。塗り終わった後で全員で気づきや体験をシェアし、最後に全員で協力して絵に飾り付けをします。
塗り絵を通して、創造する喜びや楽しさ、少し枠を超えてみるワクワクを一緒に体験してみませんか?
塗り終わった作品は、あなただけのとっておきのものになることでしょう。

参加費7500円

会場費1000円(スナック、飲みものもふくまれます)

10月29日(土曜)

18時~20時30まで

ファシリテーター

倉田順子さんのHP

www.junkokurata.com

Tweet about this on TwitterShare on Facebook
関連記事