toggle
2017-07-03

桜のエッセンス好評販売中🌸

Tweet about this on TwitterShare on Facebook

桜のエッセンスメッセージは前回も載せてありますが

https://cotohanamu.com/archives/926

今回は販売している桜のエッセンスと一緒にお届けしている内容です。
★桜エッセンス。

2017年 4月2日 マヤ暦 赤い月と第5の城の始まりの日に

東京谷中の桜の花で作ったエッセンス。

●桜からのメッセージ
”私たちを良く見なさい。私たちが咲いているとき、

どんなに風が吹いても決して花びらが散ることはない。

反対に、私たちが散る時ほんの少しの風が吹いても簡単に花びらはハラハラと散る。
それと同じように あなたたち人間も生きているときは、どのようにしても生きるのであり。

死ぬときが来れば、どのようにしても死ぬ。
私たちは花が咲く瞬間から 散ることがわかっている。

けれども散る時が来るまでは、散らないとわかっているから

散るまでの期間、その瞬間瞬間を最大限味わって生きる。

そして、散ることは終わりではなく、また新しい生への始まりだと知っているから、散るその瞬間も

恐れることなくただ散ることを味わって生きる。

どのときも同じく 価値があり 美しくせつない。
あなたたち人間の人生も同じ。

あなたたちは、生まれた瞬間に死ぬことが決まっている。

ただ、それぞれに与えられた死ぬときが来るまでは、決して死ぬことはなく、

死ぬことは決して終わりではなく、新しい生へのはじまりだ。
私たちもあなたたちも 必ず、”死ぬまで生きる。”
だから、生きることも死ぬことも決して怖くない。
生きることも死ぬことも同じように価値があり

しみじみと味わって生きることが人生だ。
今生きている瞬間瞬間をしっかり味わい死ぬその時まで恐れずに

最大限生きていく私たちの生き方とその力を

私たちを感じることで あなたたちは取り入れることができる。
だから、日本人は、昔から私たち桜を愛でてきたのだ。
生も死も ちゃんと味わう その在り方を。
このエッセンスは、生も死も恐れず

その瞬間瞬間を 味わって生きることを 手助けする。
生きていくことが辛い人には その生を見つめることを

死ぬまで生きる人生を きちんと受け入れることを
自分や愛する人が死にいくことを受け入れられない人には、

その死を受け入れることを

”人は必ず死ぬ。それは 切ない。けれど、それは終わりでは 決してない。”

それをこころとからだで 受け入れることを助けるエッセンスだ・・”

★エッセンスの使い方

エッセンスは、いろんな場面で様々な使い方ができます。

人生と日常を快適にするためにご使用ください。

エッセンスは、薬のような副作用はありません。他の薬や、ホメオパシーなどとも併用できます。併用される場合は飲む時間をずらすとよいです。

☆ 身体や頭のまわり、部屋にスプレーすることもできます。オーラにかけるように、2、30cm離してスプレーします。

もし体の不調な箇所があれば、もっと近くからスプレーしてもよいです。例えば心がもやもやするときは胸に、ぼんやり無気力な時は頭に。

部屋や仕事場にスプレーするときには、部屋の四隅、普段自分のいる場所にかけて下さい。人混みが苦手な方は、人ごみに入る前。お店では、お客様の来る前、帰った後などにも、ヒーリングの現場でも活用できます。

☆ このエッセンスは、市販されている他のエッセンスよりかなり濃度が濃い目です。敏感

な方は、目が回ったりします。薄めるときは以下のレシピで

*容量 30mlの場合

30mlの遮光瓶に、保存できるようにするため、アルコールを3から5ml入れる。(長期で保存するときは、アルコールを5ml入れる。2週間程度で飲み切るなら3mlでもよい。)

そこにエッセンスを7滴たらし、天然水を容器一杯にいれてできあがり。

資料するアルコールは40度以上の度数の高いものが良い。アルコールが苦手な場合、リンゴ酢など飲みやすい酢を3から5ml入れる。夏は、多めに入れたほうが傷まない。

☆保管方法・・高温になる場所は、エッセンスが傷む原因になります。電子レンジ、パソコンのそばなど電磁波が強いところには、ボトルを長時間おかないこと。多少は大丈夫です。
ps.私はお風呂に入れたりもしてます。

Tweet about this on TwitterShare on Facebook
関連記事