toggle
2017-04-06

桜のエッセンス🌸

Tweet about this on TwitterShare on Facebook

植物と会話をする田町まさよさんと一緒に

谷中で桜のエッセンスを作りました。

桜のメッセージです。以下はまさよさんのFB記事です。


【生も死も受け入れるー桜のエッセンス】

伊豆で朝一人で太陽礼拝をしていたら突然桜のお花さんから

満月にエッセンスを作るwsをやるという啓示が来て

4月11日満月に谷中コトハナムでエッセンスづくりをする。

東京へ帰る電車の窓から桜が見えたらまたメッセージがやってきて

その日(4月2日)にwsとは別にエッセンスを作るといいというので

コトハナムの恭子さんと一緒に、谷中墓地でその日の逢間刻に

桜のエッセンスを作りました。
桜さんからのメッセージ

”私たちを良く見なさい。

私たちが咲いているとき、

どんなに風が吹いても

決して花びらが散ることはない。

反対に、私たちが散る時

ほんの少しの風が吹いても

簡単に花びらはハラハラと散る。
それと同じように あなたたち人間も

生きているときは、どのようにしても生きるのであり。

死ぬときが来れば、どのようにしても死ぬ。
私たちは花が咲く瞬間から 散ることがわかっている。

けれども散る時が来るまでは、散らないとわかっているから

散るまでの期間、その瞬間瞬間を最大限味わって生きる。

そして、散ることは終わりではなく、また新しい生への

始まりだと知っているから、散るその瞬間も

恐れることなくただ散ることを味わって生きる。

どのときも同じく 価値があり 美しくせつない。
あなたたち人間の人生も同じ。

あなたたちは、生まれた瞬間に死ぬことが決まっている。

ただ、それぞれに与えられた死ぬときが来るまでは、

決して死ぬことはなく、

死ぬことは決して終わりではなく、新しい生へのはじまりだ。
私たちもあなたたちも 必ず、”死ぬまで生きる。”
だから、生きることも死ぬことも

決して怖くない。
生きることも死ぬことも同じように価値があり

しみじみと味わって生きることが人生だ。
今生きている瞬間瞬間をしっかり味わい、

死ぬその時まで 恐れずに最大限生きていく

私たちの生き方とその力を 私たちを感じることで

取り入れることができる。
だから、日本人は、昔から私たち桜を愛でてきたのだ。
生も死も ちゃんと味わう その在り方を。
このエッセンスは、生も死も恐れず

その瞬間瞬間を 味わって生きることを 手助けする。
生きていくことが辛い人には その生を見つめることを

死ぬまで生きる人生を きちんと受け入れることを
自分や愛する人が死にいくことを受け入れられない人には、

その死を受け入れることを

”人は必ず死ぬ。それは 切ない。

けれど、それは終わりでは 決してない。”

それをこころとからだで 受け入れることを

助けるエッセンスだ・・”
ということで、できたエッセンスは、コトハナムで

販売します。1本5000円(50ml)欲しい方は、コトハナムまで

そして、4月11日満月の夜に作る桜のエッセンスは、

4月2日のエッセンスよりさらに参加者個人個人の人生に

フォーカスしたものになり、参加者それぞれの人生を

死ぬまで味わって生きることを手助けする

エッセンスになるそうです。

ぜひ、ご参加ください。

イベントページはこちら

4月11日満月に谷中で桜のエッセンス作り

https://www.facebook.com/events/1604540639574142/

直接ご参加出来ない方も、直筆の名前をコトハナムに送っていただければ、ご自身の人生が入る桜のエッセンスが作れます。遠隔参加が可能です。コトハナムの申し込みフォームよりご連絡ください。
また、4月8日にコトハナムでやる真実を語るミキの会では

4月2日にできた桜のエッセンスが

参加者皆さんの真実のお話しがより深いものになるよう

手助けしてくれるそうです。
イベントページはこちら

4月8日(土)11時~ 谷中コトハナム

御神酒が原点の驚異の乳酸菌飲料ミキ作り、真実を語るミキの会

https://www.facebook.com/events/974343669362959/
ぜひご参加ください。
今は桜の季節。

桜をご覧になる皆さんがご自身の人生を、

桜さんのように

死ぬ時までちゃんと味わって生きることができますように・・
とうとがなし(奄美の感謝と祈りの言葉)

Tweet about this on TwitterShare on Facebook
関連記事