toggle
2017-02-12

手相の離れ型の知能線

Tweet about this on TwitterShare on Facebook

今日は完全予約ではなくて、

営業時間中、お客さまが出入りする中で4人手相拝見しました。

離れ型の、知能線で、それも下垂するタイプで、
4人中3人一緒とはおもわず笑っちゃいました。

コレ、レアな手相なのに、なんで〜〜^_^

手相家なりたての時から感じていたことですが、

なぜか、同じ日に同じような人がやってくるという七不思議?

たぶん、こういうことって業種変われど起きる現象じゃないかな?!

客商売だったら、なんだか今日は1人でくる男性客が多いネとか!

家族づればかりとか、それもなぜか子供は小学生くらいの女の子とか!

ハァ〜〜???みたいな

私の場合は毎日ひたすらみてみてみてみていた時に、

ありゃ今日は失恋の痛手、女子ばかり続くなぁ〜、

おヤァ今日は嫁姑問題とか、

まぁ今日は会社の人間関係ばかりですか、みたいに、

似たようなご相談シリーズで、鍛えられました。

共通項が手相にあるとかないとか見極めたり、

手相の診立てって基礎の上に組み合わせの想像力が必要なんですね。

判断力のスピードも速くなりました。
今日の場合でも右手離れ型で左手は普通と、

左手離れ型右手普通、

左右離れ型では、

解釈が変わります。

まずは、知能線離れ型とは、運命線と知能線が離れてることを言います。
一般的にはくっついてる場合が多いです。

離れ型は、本人あまり自覚はないかもしれませんが、

突如ワープします。

えっ!っとまわりがビックリする行動にうってでるというか、大胆というか、

当たればヒットで、やった〜〜ラッキ〜!

外れたら、シーラナイット、痛い思いもします。

わたし的な表現だと、こんな感じですかね。
これで後は、知能線はまっすぐか下垂か?

左手か右手か両方かで、それぞれの意味を組み合わせていきます。

気になる方は、鑑定にいらしてくださいね^_^

お待ちしてます。

Tweet about this on TwitterShare on Facebook
関連記事