toggle
2017-02-08

自己探求の旅

Tweet about this on TwitterShare on Facebook

手相を拝見したり、

ヒプノセラピーをさせていただいた方には、

よくする話しがあるのですが、

たいていの悩み、不満、怒り、不安、心配、、、などは、自分の領域を離れたところでおきています。

どういうことかというと、

子供が◯◯◯で、

主人が◯◯◯で、

上司が◯◯◯で、

彼が、彼女が、職場が、人間関係が、

これ、全て、自分の話しではないんです。

他人の領域としますね。

人は他人の領域の話しをするとき、自分では、どうすることも出来ないから、イライラしたり不満に感じたりとストレスを感じます。

いくら言ってもわかってもらえない。

なんとか相手にわかってもらおうと(相手に変わってもらおうと)努力したり、頑張ってみたり、

ますますイライラが募り腹がたってきたり、

哀しくなったり、落ち込んだり、

大変ですね。
これね^_^

ちょっとしたコツがあるんです。

やり方はシンプルです。
自分の領域にもどること。

これだけです。

話しとしてはとっても簡単なんですが、

これも癖と一緒で、

日頃このような話しを、自分の領域か他人の領域かは、考えずに話しています。

無意識なんですね。

そこで、気づく❣️気づいてあげる❣️と

自分の領域に戻ってこれます。

この気づくとは、意識化するということ。

意識しないと、気づかないと、変われないんですよね。

なんか、苦しい、辛い、哀しい、イライラすると思ったら、

そう!それがシグナルだから気づいて自分の領域に戻ってきてください。

何回でも、自分の領域に戻ってくるように習慣にしましょう。
おなじ、あの人が◯◯でという話しが、

私はあの人の◯◯がなんで気になるの?

私はあの人の◯◯と言われるとなんで反応するの?

というように、変換癖をつけると、

どんどん自己探求の旅に出かけられます。

この自己探求をしていくて、ほんと、ウソのように

自己嫌悪や自己否定

自分を責める、が、じゃんじゃん減ってきます。

なんだ、そうだったのかのナゾナゾが解けてくみたいに、

外れたピースがぴたっとはまるみたいに、

爽快で穏やかな満たされてる!

本来の自分にもどる旅にでましょう。

せっかく地球に肉体持って人間として生まれて、

この世的には、人生は8000年はありません。

その百分の一くらいの短さです。

肉体持って人間として生きてる時間に、

辛い悲しい、不平不満をしてたらもったいない。

気づくだけです。

ほんと。気づくだけなんです。

目から鱗体験は、気づいたんですよね。

私はセラピーを、通してサポートします。

気づく旅に伴走しますので、

どうぞ、自己探求の旅にでたい方はいらしてください。

Tweet about this on TwitterShare on Facebook
関連記事