toggle
2017-01-01

2017年1月1日実家にて思うコト

Tweet about this on TwitterShare on Facebook

酉年生まれで今年96才の父親の所へ

自宅の神棚にご挨拶
みんなでお墓参りもして

快晴の中で気持ち良かったぁ〜!

毎日、毎回、かならず、朝が来る。

いろんな朝がある。

元旦は雲ひとつない快晴をむかえられた。

雨の日も。

風の日も。

雪がふっても。

嵐がきても。
いろんな朝がある。

きょうは、や〜めた!とかいって

夕方からはじまることもない。
かならず、朝が来る。

こころのなかも

どんなに、どよんとしていても、

曇り空のように、すっきりしなくても、

冷たい雨のように、

寒ざむと暗いときでも

いつかは晴れいく。

決して同じ朝を迎えることはできないし、
ずっと同じ天気のままでもいてくれない。
移ろい変り続いていく、
誰にも止めることもできないし、
とどまることもないのが自然。
今年もいろんな朝をむかえて、

様々な朝を感じて。
自然からいろんなこと教えてもらおう☀️

Tweet about this on TwitterShare on Facebook
関連記事